[ベトナム旅行4] フルーツ路上売りの少女との出会い

さて、前記事よりカフェから出た私は適当に産院を散歩した後(なんちゅうところを散歩してたんだろ。でもたくさんの赤ちゃんを見れました)  
  最初は遊園地かと思って入ったんですけどね。   産院の中では特に大きなイベントもありませんでしたが掃除のおばちゃんにベトナム語で 「トイレはどこですか?」と聞いたら普通に通じたので面白かったです。トイレだけ言葉がわからなかったのでトイレットって言ってみちゃったけど。  
 
 
 
  そんなこんなで中を意味もなく徘徊・・・。子供生む知り合いすらいないんですから完全な不法侵入です。 でもベトナムの人たちってこういう所に集まって産んで行くんですね。 膨大なママ友コミュニティが形成できそうです。 日本の産院のそれより大規模で驚きました。  
  産院を出てちょっとしたところに路上散髪屋が! さすが東南アジア濃い一面です。掃除も楽そうですね。  
 
  すごい空気は汚かったけど街の発展ぶりはすさまじかったです。 東南アジアってだけで結構貧乏なイメージを持っていたのですが全然そんなことない・・・。 将来もどんどん大きくなっていくんでしょうね~。 空気は本当に汚いのでかなり多くの人がマスクをしたり布で頭・顔を覆ったりしていました。  
  そしてついたのがこの宮殿近くの公園  
  この公園のベンチで座っていると近くにかわいい女の子がいたので暇つぶしに話しかけていたら突然雨が・・・。 急いで二人で近くにあったデパートの入り口に避難。 マレーシアに続きベトナムでもスコールが午後の間、一定時間激しく降るんですねー。  
  ベトナムの人は傘を持たないのか、雨が降ったら適当な建物の入り口に行って雨宿り。 というか傘も効かないほど雨が激しいせいかもしれませんが。 改めて会話もそんなにしないうちに女の子のほうに男友達が来ちゃってお別れになってしまったので後ろのほうで雨宿りをしていた男たちとじゃれ合っていました。 そんな時にそばにいた女の子。  
  とても可愛いんですよ~。僕が男たちと話していたら所々この女の子がちゃちゃっと絡んできてきたので、 (ボタンちゃんと閉めてないからおっぱい見せそう!)と思いながら返事してました。 この女の子が横から適当にちゃちゃっと横槍を入れてくるくらいなら言葉がわからなくても適当に返せるのですが、 「$)#%(”$)#)#?」なんてついに質問してきた時にゃ答えようがありません。 よくわからないのでとりあえず「私日本人だよ」とベトナム語で返して、デジカメの画像を見せてホーチミンで撮った写真を英語で強制的に説明しながら次々と見せていました。 今思えばこの時なんで結構な意思疎通できていたのか異常でした。宇宙人ともなんとかコミュニケーション取れそうな気がします。   一通り写真を見せた後はお互いの事について話し合い・・・たかったのですが、いかんせんハロー以外の英語がまったく伝わらないので困っていたら彼女が携帯を出してグーグル翻訳で話しかけてくれました。   少女「私、ツォン!15歳よ!あなたは?」 私「僕はMak、24歳だよ。旅行でベトナムに来てるんだ」 ツォン「どのくらいいるの?」 私「1週間くらいかな~。君は何をしているの?」 ツォン「私はフルーツを売ってるの!」   と言いながら近くにおいてあるフルーツの屋台を指差して笑うツォン。 可愛いですなぁ。妹的な雰囲気を感じます。   だけど顔に真新しいケガがあったりしたので気になって聞いてみると   ツォン「フルーツが売れないとお父さんに殴られるの・・・」   すぐまたこれだ^^ 相当な力で殴らないとこんな傷できねえだろ・・・っていうような傷。 俺の可愛い妹をこんなにしてくれてやがるオヤジに本当に腹が立ちました。 グーグル翻訳を使って頑張って励ますとちょっと涙目になってありがとうと言ってくれました。 翻訳機はまだまだ怪しい所があったりするもので変なベトナム語になってるだろうに、彼女の純真さに心を打たれました。   ツォン「雨まだ止まないねー」 私「もう6時だもんね」 ツォン「マンゴー食べる?」 私「そういや君フルーツ売りだもんね笑 いくら?」 ツォン「いいからいいから」   とお金を断って強制的にマンゴーをくれたツォン。 お前売れないと殴られるんじゃねーのかよ。   でもベトナムのマンゴーは違うのか?水気がない触感はにんじんにも似たマンゴーをスティック状に切ったものを 謎の調味料(ちょっとしょっぱかったような味の素みたいだったような塩?)につけて頂くものでした。 正直言えば味的には全然美味しくなかったけどツォンの気持ちが非常に良い調味料でとても美味しいマンゴーでした。なんか今回のMakはいつにも増してすごい気持ち悪いですね。   そんなこんなで途中でツォンの同級生の女の子も加わって3人になりどっかの赤ちゃん?を抱いたりして遊んでいたら時刻はもう7時。   ツォン「あっ、ところでこの人がお母さん!」   と私のすぐ隣にずっと座っていたおばちゃんを指差すツォン。 もう4時間くらい一緒にいたよね?(おばちゃんも含めて) もっと早く言えよー!変なことしてなくてよかったー!^^;;;と思いました。 おばちゃんも会釈してくれてそのそばにもいたおばちゃんたちも会釈。親戚か? ちょうどメシ時だったので皆に「ごはん食べる?おごるよ」 というと、じゃあ中の屋上に食べられるところあるから! と言われてついていったらそこはケンタッキー。 ベトナムにもあるんですねぇ。ってかすごい安い。日本の3分の1くらいの値段でした。   私「じゃあ、○○ちゃん(ツォンの同級生。名前を失念)、何食べる?」 ○○「じゃあ、これ!」 私「飲み物は?」 ○○「うーん、いらない」 私「次、おかあさんは?」 ツォン「おかあさんはこのハンバーガーがいいと思う」 私「ほい、ほんでツォンは?」 ツォン「うーん、チキン3ピースの奴かな?」 私「ほんで、飲み物は?」 ツォン「ううん、大丈夫」 私「いやいや、さっきの友達もお母さんも頼んでないよ。何か飲んだほうがいいよ」 ツォン「あまり喉かわいてないから」 私「僕だけがコーラ飲むのも気が引けるし、5時間以上何も飲んでないんだから喉渇いてないわけないでしょ!ほんじゃこれから選んで!」   と無理やり選ばせてなんとか選んでくれました。 この期に及んで遠慮してくれてるなんて本当に良い子でした。 売り上げ悪けりゃオヤジに殴られるフルーツ売りの子にただで商品いくつか食わせてもらっちゃったんだからそのくらいはしないと・・・。   ほんでみんなでテーブルにつくと・・・。 あれ?ツォン、ツォンの同級生、おかあさん・・・のほかによくわからんおばちゃん2人も? やっぱり親戚か?聞いてもまた絶対遠慮してこようとするので勝手にチキンを追加してテーブルにどーんと置きました。 おいしー!と喜んでくれてる妹の姿見るだけでこんな出費くらいどうでもよくなったよおじさんは。 って・・・、全部のチキンを食べようとしないで半分くらいを紙に包んでお持ち帰りしようとするツォン。 他のおばちゃんたちも同様にハンバーガーなどを半分紙に包む。 雨宿りしてる時に兄弟が何人かいるっていう話をしてたからおそらくは兄弟の為に・・・。 本当に良い子だなーと思いました。ほんと日本に拉致したかったですねぇ。 みんなでご飯を食べた後は私もタクシーを呼んでフクの家に戻りました。 連絡先を交換していたのでベトナム滞在中・出国後しばらくの間はずっとメッセージをしてました。また後日彼女は登場します。  
  デパートの入り口で雨宿り中。食べているのが商品のマンゴーです。

コメント (8)

  1. ま~初対面の売り子から
    ただでフルーツをもらえるなんて
    損じゃそこらの男には到底望めない芸当ですわね
    そういうノウハウ本でも書いて上梓したら売れるんでない? 

    ベトナムは、空が青く見えない国の代表例だなんて数年前から言われてる気がするけど、
    アップされた写真見てるとそこまではひどくないような…?

  2. たぶん相手の警戒心を和らげる何かがあるんだと思うよ自己評価。

    そんな曇ってばっかりでもなかったと思うけどなー。晴れてる時は晴れてたよ。むしろイギリスのほうが曇りが多かった!

  3. ちょっとさぼってたらもう2ヶ月経ってる・・・。
    りょーかい、今週中に更新するでー。
    なんと3年くらい前のアルジェリア旅行の記事が途中で終わってたからそこを書くわ^^

  4. もう一年前、ちょうど去年の4月に帰ってきとったで。makと遊んでみたかったけどな。今年大学受験やからそれ終わったら東京ででもあそぼうよ。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

※注意 httpや.comなどのリンクに関する文字列が入っているとコメント投稿無効となります。