あってよかった公衆トイレ

外国を歩いててネックなのがトイレです。
特に私は場所や状況に関係なくすぐジョボジョボ出してしまうので何度立ちションしたりうんこ漏らしたりしたか覚えてません。
どうしても我慢出来ず、階段で立ちションこいてたら後ろを家族連れがササッと通っていったという拷問まで経験しています。
そんな中で私が安心して歩ける外国がパリ。
さすが花の都パリ。みんな大好きパリ。

 

 

例えばチュニジアでトイレへ行きたくなった場合は近くのカフェへ入ってトイレを探します。
大きなカフェであれば、私1人が入ろうが店員も把握しないのでトイレだけ利用して出る事も十分可能です。
しかし、たいていの場合は小さなカフェですので入店すればすぐわかってしまいますし外国人の私がトイレだけ利用してそそくさと出てしまっては顰蹙を買います。
それに大のお茶好きの私がお茶を目の前にして素通り出来るわけがありません。
他には職場の大学まで行くとか、家に帰ってするなどがありますがこのようにトイレを使うだけでも結構面倒臭かったのです。
コンビニのようなものはありませんし、スーパーマーケット等には一般的にトイレはありません。他のヨーロッパの国でさえ、トイレを見つけるのは結構大変だったりします。

しかし、初めてパリに行った時、一番最初にうれしかったのはその景色や雰囲気、歴史的建造物などよりも、公衆トイレでした。

パリの公衆トイレは上画像のように2畳程度の大きさで中には洋式便器、自動で水が出る洗面台があります。
紙は無かったと思いますので自分でティッシュ等を持参しましょう。
ドアの上にボタンがあり、中に人がいたり洗浄中でなければ緑のランプが光っているのでボタンを押す事により自動ドアが開きます。
中に入ればドアは自動で閉まり、外からはオレンジのランプに変わりボタンを押しても開かなくなります。
つまり自動施錠!しかしドアの動きが遅いのでトイレに入ってすぐズボン下ろして・・・とは行きません。
ドアが閉まって外の人が見えなくなるまでちょっとたたずんで待つ時間が5秒くらい必要なので若干気まずいをするかも・・・。
しかも、前の人が用を足しトイレから出てもその開いたドアにすぐ入ってはいけません。
誰かが使用するたびに公衆トイレは内部全てを水洗しますのでその前に入るとエラーが出てドアは閉まらないのです。
ですから2人や3人程度並んでるだけても待ち時間は結構長くなるのでトイレを目の前にしながら漏らす可能性も。

10人に一回自動水洗するとかにしたほうが節水、他コストでも効率がいいのでは?と個人的に感じています。

 

 

この公衆トイレ、400以上がパリに設置されているらしいのですが、中にはクソ汚いトイレも・・・。
色んなところで利用しましたがトイレ内の床にしてウンコしてやがるやつもいました。
便座カバーも無いので尻を便器につけない、つまり中腰でやる必要があるので結構な脚力も必要です。
尚、夜間はホームレスの住処になるのを防ぐため夜11時頃から使えなくなります。

 

もともと公衆トイレを利用するつもりが無い旅行者であっても地図がトイレの横についているので鼻をつまみながら道を確認する機会があるかもしれませんね。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。